ルイ ヴィトン 歴史

ルイ ヴィトンの歴史について触れてみましょう

もともとルイ ヴィトンと言う名まではなく「グリ・トリアノン・キャンパスGris Trianon」というトランク工場として創始された。
息子が、ベージュと茶褐色のチェス盤に、ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」をデザインを考案しパリ世界博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞を獲得。
1892年、ルイ・ヴィトン社は販売を開始、トランクやハンドバッグ、財布などが掲載された最初のカタログもリリースされた。

1987年 ルイ・ヴィトン シャンパン製造会社のモエ・ヘネシー 合併でLVMH モエ ヘネシー ルイ・ヴィトン 誕生。
現 デザイナーマーク・ジェイコブスが、プレタポルテを発表した。

2003年、マーク ジェイコブスと元日本画家(現代美術家)の村上隆氏とのコラボレーションで今まで、革の色をそのまま使い製品化してたルイ ヴィトンにカラフルなカラーをちりばめた「マルチ カラー」ライン誕生
その後、イラストで目や桜など村上隆の描く独特なパンダがプリントされた「モノグラム・パンダ」も発表された。

2005年 カジュアルなシリーズ「アンティグア」を発表
2006年 モノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」やデニム素材の「モノグラム・デニム」が発売された。


最近ルイ ヴィトンのデザイナーのマーク ジェイコブスがVANSと併合してバンズのスニーカーを沢山手がけた事は、ルイ ヴィトンの財布などのアイテムに興味がある方達にはあまり知られていない話だ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


ヴィトン 財布 通販 情報a
ヴィトン財布

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。